高齢化に伴う生前対策の重要性

超高齢化社会が間近に迫っている

高齢化の現状と将来像:高齢化率は26.7% 我が国の総人口は、平成27(2015)年10月1日現在、1億2,711万人となっている。

65歳以上の高齢者人口は、3,392万人となり、総人口に占める割合(高齢化率)は26.7%となった。
(内閣府 平成28年度厚生社会白書より抜粋)

超高齢化社会が間近に迫っている

資料:2010年までは総務省「国勢調査」、2015年は総務省「人口推計(平成27年国税庁さ人口速報により人口を基準とした平成27年10月1日現在確定値)」、
   2020年以降は国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口(平成24年1月推計)」の出生中位・死亡中位仮定による推計結果
(注)1985年~2010年の総数は年齢不詳を含む。高齢化率の算出には分母から年齢不詳を除いている。


平均寿命が延びている

将来の平均寿命は男性84.19年、女性 90.93年。我が国の平均寿命は、平成26(2014)年現在、男性80.50年、女性86.83年と、前年に比べて男性は0.29年、女性は0.22年上回った。今後、 男女とも平均寿命は延びて、西暦2060年には、男性84.19年、女性90.93年となり、女性は90年を超えると見込まれている。(内閣府 平成28年度厚生社会白書より抜粋)

西暦2060年には平均寿命は男性84.19、女性90.93歳に!
平均寿命が延びている

資料:2014年は厚生労働省「簡易生命表」、1985年から2010年までは厚生労働省「完全生命表」、
   2020年以降は、国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口(平成24年1月推計)」の出生中位・死亡中位仮定による推計結果
(注)0歳の平均余命が「平均寿命」である。

高齢者のうち4人に1人が認知症高齢者

◆全国の65歳以上の高齢者について、認知症有病率推定値15%、認知症有病者数約439万人と推計(平成22年)。
 また、全国のMCI(正常でもない、認知症でもない、「正常と認知症の中間」状態の者)の有病推定値13%、
 MCI有病者数380万人と推計(平成22年)。

◆介護保険制度を利用している認知症高齢者は約280万人(平成22年)

高齢者のうち4人に1人が認知症高齢者

介護保険制度を利用している認知症高齢者(日常生活自立度Ⅱ以上)

日常生活自立度Ⅰ又は要介護認定を受けていない人

MCIの人(正常と認知症の中間の人)

健常者

約380万人
※MCIの全ての者が認知症になるわけではないことに留意

引用:「都市部における認知症有病率と認知症の生活機能障害への対応」(H25.5報告)及び
   『「認知症高齢者の日常生活自立度」Ⅱ以上の高齢者数について』(H24.8公表)

      認知症対象者

439万人(認知症有病者)+予備軍380万人=約819万人

※千以下の単位は四捨五入しているため、若干差異が生じています

争族にしない為の最大のポイント
黒字決算を支援する3つのソリューション
K 継続MASシステム
F 戦略財務情報システムFX2
S 税理士法第33条の2による書面添付
病医院の新規開業・経営改善支援
三原総合経営グループ 三原康郎税理士事務所は
TKC全国会会員です

TKC全国会
TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。
近畿税理士会所属

このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。

BBCびわ湖放送 ニュース&情報バラエティ キラりん滋賀に取り上げられました