経営計画・行動計画・策定・運用システム

詳しく知りたい方はこちらをクリック!

~貴社の存続と発展のために計画改善計画の策定と
業績管理の仕組み作りをご支援します!~

三原康郎税理士事務所は、毎期の黒字決算を実現するために、経営計画・行動計画の策定、業績管理の仕組みをご支援します!

「中期経営計画の行動計画」の策定をご支援します。

  • 『TKC経営指針』(BAST)同業他社比較による貴社の現状分析
  • 「商品戦略」「市場戦略」に基づく販売計画の立案
  • 設備投資計画と借入金の調達・返済計画の立案
  • 中小企業新事業活動促進法に基づく「経営革新計画の承認申請書」の作成
  • マインドマップを使い、経営計画の実現のために必要な行動計画を策定
  • 行動計画の進捗状況管理をお手伝いします。

中期経営計画の策定~経営改善・経営革新~

中期経営計画では、まずは、過去3期の趣勢(傾向)の確認と同業他社との比較・分析から、貴社の強みと弱みを明確にします。
その上で、緊急の資金繰り対策等を含む今後の経営改善に向けた計画を策定していきます。

行動計画の策定

「中期経営計画」を踏まえ、行動計画を策定します。

  1. 最初にマップの題目を作成します。
  2. 方針の項目を作成します。
  3. 方針ごとに、実現するための具体的な行動を書いていきます。
  4. これにより、方針・目標を達成できるか再度見直しをします。

行動計画の運用

  1. 進捗状況表をExcelで切り出し、個人別に並び替えることにより、個人別の進捗状況表を作成します。(マインドマネージャーから自動作成できます。)
  2. 個人別の進捗状況表を、社員宛にメールで一斉送信します。毎週(又は毎月)、報告をもらいます。
  3. ガントチャートに落とし込み、実績の数字を確認し、行動計画の問題点を検証します。
    ~個人の進捗状況を管理することにより、中期経営計画を達成するための具体的な行動計画の進捗状況を確認することができます。
    業績と行動計画の進捗状況の把握をし、目標に向けた行動を考えます。

業績の確認

○予算実績差異分析
 計画と実績を比較・検討し、現状の問題点の発見と、その対策を検討します。

○グラフ分析による業績確認と問題点発見
 29種類のグラフにより、様々な角度から業績を検証し、問題点を発見します。

○期末業績予測(このままなら、こうなる可能性)

  • 最新実績を基に、期末までの業績予測シュミレーションを行います。
  • 期末の経常利益の予測額が目標を下回る場合は「固定費要圧額」、目標を上回る場合は「戦略予備費」の欄に金額が表示されます。
  • 現状の業績予測を受けて、目標利益を達成するためにどのような打ち手があるかを検討します。

第3四半期業績検討会/決算対策

○「納税予測」と「戦略的決算対策」

  • 決算予測と納税額の試算に基づいて、決算までに間に合う具体的な決算対策を検討できます。

黒字なら→節税対策
赤字なら→利益確保のための対策

対策を検討した結果、「いくら利益が圧縮されたか」または「いくら節税になったか」を確認できます。

黒字決算を支援する3つのソリューション
K 継続MASシステム
F 戦略財務情報システムFX2
S 税理士法第33条の2による書面添付
病医院の新規開業・経営改善支援
三原総合経営グループ 三原康郎税理士事務所は
TKC全国会会員です

TKC全国会
TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。
近畿税理士会所属

このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。